• トップ
  • ドライブウェイの楽しみ方
  • お手軽登山

駐車場と山頂は3本の登山道で繋がっています。花の最盛期になると、どの登山道でも溢れるように花が咲き乱れ、百花繚乱の世界が広がります。西登山道と中央登山道は、ジーパンにスニーカー程度の装備であれば歩けますが、東登山道を利用される場合はなるべく軽装は避けたほうが無難です。
各登山道の風景は、伊吹山写真集でもご覧いただけます。

各登山道の風景は、伊吹山写真集でもご覧いただけます。
下のスタートボタンをクリック頂くとそれぞれの登山道を使った疑似登山をご体験頂けます。

ページの先頭へ戻る

「西登山道」・・・山頂まで片道1km・約40分

スカイテラス駐車場の突き当たり、西側の入口から山頂を目指す約1キロのコース。道幅もあり、傾斜も緩やかなため歩きやすく、花を見ながらのんびりと散策を楽しむには最適のコース。眼下に琵琶湖を一望でき、湖中に浮かぶ竹生島、沖島などや平野部には蛇行する姉川が見える。山頂近くになると並行して山頂に向かう登山道見えてくる。足元は砂利(拳大~頭大)の敷かれている所が多い。

ページの先頭へ戻る

「中央登山道」・・・・山頂まで片道500m・約20分

駐車場のほぼ中央の石段右手(左は東登山道の出口)に出入り口がある。距離は3本ある登山道の中では最も短く片道約20分。西登山道に比べると勾配が急になるため、コースのほとんどが階段状になっている。
登山道の道幅は広いが、傾斜がきつく石灰岩の露出している場所も多い。お花畑の主な草木は観察することができる。

ページの先頭へ戻る

(下り専用)
「東登山道」・・・山頂から片道1.5km・約60分

最も自然のままの状態が残る「東登山道」。コースの途中では岩の露出しているところも多く、道幅も人がすれ違いにくいほど細いところが何箇所もある。土のところは、雨が降るとぬかるみ、すべり易く、また、石灰岩がごろごろ露出しているので、ハイヒールなどでは歩けません。山頂の入口付近から奥に進むにつれて道が険しくなるので注意が必要。植生は豊かでこのコースでしか見られない花もあり、伊吹山通好みのコース。

東登山道は、山頂から駐車場へ下るための「一方通行」で利用するのがマナーとなっていますので、ご注意下さい。

ページの先頭へ戻る

伊吹山山頂からの風景

伊吹山地は、滋賀県と岐阜県の県境に南北に連なっている高さ1,000~1,300m余りの山なみです。伊吹山はその南端に位置し、1,377.4mあって、滋賀県の最高峰です。

周りには伊吹山より高い山が無いため視界を遮るものも無く、山頂からの眺めはまさに「絶景」の一言。
東には名古屋や岐阜を望む濃尾平野、西には日本一の面積を持つ湖「びわ湖」や比良山系、南には鈴鹿山脈や伊勢湾、北には白山、穂高連峰、乗鞍岳、御嶽山など日本アルプスの山並み、また、時には富士山も見えるなど「360度のパノラマ風景」が広がります。

ページの先頭へ戻る

伊吹山山頂の様子

ベンチや広場もあり景色を見ながらお弁当

7月下旬~8月上旬頃の様子

山頂の緑のスペース

伊吹山寺覚心堂

日本武尊(ヤマトタケルノミコト)像

山頂トイレ

ページの先頭へ戻る

伊吹山の気象

伊吹山の位置は、日本海型気候と太平洋型気候との境にあたり、冬季日本海から吹きぬける寒冷な季節風が影響して、伊吹山の気象状況は高山帯と似ています。山頂の気圧は860ヘクトパスカルで、水は85~90℃で沸騰します。気温は四季を通じて、平地より8~10℃程低く、夏は最も快適です。冬季は嵐になるとしばしばセントエルモの火(先端放電)の現象が起き、樹木には樹氷ができて、美しい限りです。

ページの先頭へ戻る

伊吹山頂極値表

最高気温 28.8℃ 昭和22年9月1日
最低気温 -16.5℃ 大正12年2月28日
最大風速 56.7m 昭和36年9月16日(第2室戸台風)
積雪の深さ最大 11.82m 昭和2年2月14日
初雪最早 昭和11年10月11日  
終雪最晩 昭和33年5月13日  

ページの先頭へ戻る